愛犬に元気に長生きしてもらうためには、毎日のフードの質を高めることが大切です。ドッグフードはどれも同じだから、値段で選んでいるという飼い主さんは少し考え直す必要があります。確かにどのフードでもお腹を満たすことはできますが、健康的にお腹を満たすことができているとは限りません。本来の犬の食性にあった栄養素が満たされないと、栄養に過不足が出て太ってしまったり、痩せてしまったり、その他便秘や下痢、アレルギーなどの問題が出てくる可能性があります。一度病気になってしまうと、健康状態を改善するのは難しいです。そうなる前に、毎日与えるフードの質を見直しておくことが大切です。そこで注目したいのが無添加にこだわったフードです。通常のフードと比べて品質と値段が異なります。

市販のフードよりもコストが高くなる

無添加ドッグフードでも色々ありますが、市販のフードと比べるとどれも価格が高いのが特徴です。安全性や原材料の質にこだわると、材料費や人件費などのコストがかかるからです。大体の相場は、ドライフード2kgで4,000円くらいです。定期的に購入するともう少し安くなることが多いです。高いものだと、2.27kgで5516円というのもあります。これは原材料にこだわっていて、チキン、ニシン、七面鳥、サーモンなどが配合されているため価格が高くなっています。高ければ必ず愛犬の体に合っているとは限らないので、価格と安全性、原材料を総合的に見てバランスの良いフードを選ぶといいです。添加物ゼロで、なおかつ人間が食べても安全な素材を使ったヒューマングレードという条件を満たしていると安心です。

人気が高いフードの価格はいくらか

無添加ドッグフードの中でも人気があるのは、全犬種、全ライフステージに対応しており、グレインフリー(穀物が入っていない)、ヒューマングレードの条件を満たしているフードです。小型犬でも食べやすいようにドライフードは小さめの粒に作ってあります。ベースはチキンで、平飼いで育てられたノンストレスの健康な鶏を使っています。グレインフリーにこだわっており、穀物によるアレルギーが不安な子へのフードとしても愛用されています。このフードの価格は、通常2kgで3960円、定期コースだと3564円です。これに税が入るのでもう少し高くなります。ちなみに、ウェットフードタイプもあり、こちらは395g×3缶セットで3960円です。これもグレインフリーに対応しています。コストは高めですが、市販のフードで健康リスクを背負うことを考えれば愛犬の健康への投資と考えることができます。