ペットブームなど、ペットに対するサービスや製品の質が向上しています。ドッグフードも、犬本来の食事になるような、原材料のチョイスや健康状態に合わせた種類が増えています。プレミアムドッグフードと呼ばれる高級なタイプも登場しているのです。店頭では、低価格なフードが多いですが、プレミアムフードや、中価格帯のフードなども揃っています。毎日食べるフードだからこそ、人間の様に品質を意識して、良いものを与えたいという考え方が多くなっています。人間でも、添加物と聞くと敬遠してしまいますが、犬のフードは人工添加物が多く含まれているものが多いです。犬も添加物による健康への影響が心配されているため、無添加のフードが注目されているのです。無添加にはどのようなフードがあるのか掘り下げていきます。

犬のフードに添加物はなぜ必要なのか

犬も家族の一員です。毎日与えるフードも安心できるものをと考えると、まずは化学的に作られたものが不安視されます。合成添加物は人間の食べ物にも含まれているのですが、アレルギーや発がん性が指摘されているものもあります。ドッグフードに含まれる添加物には、酸化防止剤、着色料、甘味料などがあり、種類も多いです。添加物が使われる理由は様々ですが、犬よりも飼い主に対して使われているという部分もあります。素材の品質は必ず同じではなくばらつきがあります。見た目の品質を一定に見せるために、着色料などが使用されます。また、製造されると時間とともに酸化が始まってしまいます。賞味期限を長くさせるためにも、酸化防止剤が必要になるのです。酸化した脂は犬の健康にも良くないのです。安く購入できるものは、長期間使用できることも考えて添加物が入っています。

合成されたものではなく天然由来

無添加とされるフードはどのようなものがあるのかというと、添加物が入っているものもあります。ただし、厳密には、合成された添加物ではなく、天然由来の添加物です。パッケージを見ると、添加物らしき名前はなく、「ローズマリー」などハーブの名前が記載されていることがあります。ハーブを酸化防止剤や抗菌作用のために使用しているのです。天然の酸化防止剤のため、消費期限が短い場合があり、開封後は1か月以内となっているフードが多いのが特徴です。無添加のフードで多いのは、合成酸化防止剤不使用とともに、グレインフリーです。皮膚が弱い犬は、添加剤だけでなく食物アレルギーも心配されます。特にアレルギーを起こしやすいとされる穀物を使用しない「グレインフリー」のフードが多いのです。添加物を含まないフードや、グレインフリーのフードは割高ですが、犬の健康のために考えてみることも必要です。

初回お届け時に消臭除菌水(お試しサイズ)プレゼント ドッグフードは自然素材のみにこだわったグリーンプラス、総合栄養食で人気のマザープラスが人気です。 ネット販売だけじゃない!石川県金沢市に実店舗あり。 自然素材をいかした人気のおやつが種類豊富です。 ドライフード、レトルトフード、おやつ各種が入ってお得に試せる犬用、猫用お試しセットから始められます。 ドッグフードを無添加・自然食から選ぶなら